印刷用ページ

カムチャツカの日本人商店について・日本ウラジオストク協会理事 堀江満智

カムチャツカというと一般に連想されるのは、雄大な自然や温泉、江戸時代に日本人漂流民が流れ着いた岬、漁業活動などかもしれないが、20世紀初頭にはペトロパブロフスク・カムチャツキーでも日本人の商店や交易など、ウラジオストクに始まる一連の極東ロシアとの近代的交流の一端があったのだ。
2015年9月にここを訪れる機会を得た私は、家族の足跡とともにそういう背景も知りたいと思った。私の家に1921年頃の「堀江商店ペトロパブスク出張所」の写真が遺されていて、「正面玄関に緒方領事、菊地商店主、堤出張員、ラザレフが立ち居り」との説明があり、ロシア的な木造家屋に雑貨販売という看板や後方に小さな教会も見える。

私の父、堀江正三(1898-1965)は東京外語ロシア語科を1919年に卒業すると、ウラジオストクで祖父がやっていた 堀江商店(食品製造、貿易)に戻ったが、自分で新天地を開拓すべくカムチャツカへ渡った。子供の頃からウラジオで暮らしロシアの文化や国民性も周知してい た正三は、商売だけでなく文化交流も夢みた。1918年には日本領事館ができ緒方領事が赴任していた。
しかし革命に続く「シベリア出兵」のさ中の厳しい情勢で長くは続かず、1922年にやむなく日本へ引き揚げた。他のもっと大きな商店も同様であった。

写真左: 堀江商店出張所の後方の教会(現在)
写真右: 堀江商店出張所の後方の教会(100年前!)

続きを読む

印刷用ページ

松江の牡丹がモスクワに進出するまで

山陰支部より:

「ロシアNOWニュースと解説」に、牡丹輸出に関する面白い記事が出ています。 浅井事務局長やオーリャさんの名前も出ています。
松江の牡丹がモスクワに進出するまで

コメント (0件)
印刷用ページ

ウラジオストクの日本人:生活のモザイク模様

去る 2015/1/26 のゾーヤモルグン先生来日記念懇親会には、当会とユーラシア協会の呼びかけにより、27名もの方が集まりました。改めてモルグン先生の交友域の広さに驚かされた次第です。

最近の著作(2014年)が「ナウカ・ジャパン」で購入できるようです(ただ、在庫もっていないようで、注文後発注だそうです。ナウカによると 1 ヶ月待ちだそうですが、本当に手に入るかどうかはわかりません、ツテがあるかたは現地で直接購入することをおすすめします)。
ゾーヤ・モルグン ウラジオストクの日本人生活のモザイク模様 1860~1937年
Японская мозаика Владивостока: 1860-1937 (Картина жизни Владивостока на примере японской диаспоры).

アルセーニエフ博物館が出版元なので、もちろんウラジオに行ったときにも購入できると思いますが、何せ1000部しか発行していないので、早く手に入れておかないと無くなる可能性は十分にあります(いい本はすぐ売れ切れて、その後お目にかかれなくなる、ロシアでは良くある話しです)。

モルグン先生が当時を知る方々(居留してた方の遺族など)から聞き書きしたものをまとめた本です。

トラックバック (0件) コメント (0件) コメントの投稿
最初 | 前へ | 1 2 | 次へ | 最後

オンラインユーザー

ゲストユーザー: 1

新着情報

記事

-

コメント 新着(2日)

-

リンク 新着(2週)

新しいリンクはありません

ダウンロード 新着(2週)

-

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。