印刷用ページ

虎の門経営企画交流会に田代さんが登壇します

4 月から理事に加わった山本です。
10 年来のつきあいのある元 NEC 総研社長の阿片(あがた)さん主催の異業種交流会での講演を田代さんにお願いしましたのでいらしてください。予告なしでこられてもかまいません。


虎の門交流会は、いろいろな分野で活躍しておられる方に、体験をベースにした見方・考え方を話して頂いて、我々自身がこれからどのように考え行動して行けばいいのかを模索して行こうという集まりです。

4 月は日本ウラジオストク協会の田代紀子さんに、日ロの文化交流などについてお話をして頂くことにしました。添乗員としてたびたびロシアに行っておられるので日常の生活・考え方などもお話しいただけます。

日時: 2017 年 4月21日(金)18.30~20.30
    (終了後近くで懇親会をやります。お時間のある方は是非ご参加ください。)
スピーカー: 日本ウラジオストク協会 田代紀子さん
テーマ:“極東ロシア中心に日本とロシアの関係・最近の情勢”
主催: 虎の門経営企画株式会社 代表 阿片公夫
会費: 2000 円 参加定員 20 名
会場: アゴラ・オフィス 〒107-0052 港区赤坂 6-19-40 赤坂レジデンス 302

地下鉄日比谷線・大江戸線7番出口から階段を上がって左方向 400 メートル桧町公園に面した白いマンション3階です。
連絡先 090-3097-0445 阿片携帯

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

印刷用ページ

ビクトリア・ストゥリーナさん絵画展示会

関西日露交流研究センター会員の岩佐毅さんが主催する絵画展示会(ウラジオストク出身、神戸在住の女流画家、Viktoria Suturina)が 2017/4/12 - 5/8 大阪で開催されます。詳細は、パンフレット画像を参照願います。
大阪にお出かけの際は是非お立ち寄りください。

会場: cafe & dining maria 大阪市福島区吉野 2 丁目 14-16(新橋商店街)
営業時間: 7:00-18:00 火曜定休

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

コメント (0件)
印刷用ページ

☆懇談サロンin敦賀「敦賀に日露交流の足跡を訪ねて」☆

今回は、福井県敦賀に残されている日露交流の足跡を訪ねる懇談サロンを企画しました。敦賀港は、戦前ウラジオストクを経由しシベリア鉄道でヨーロッパに向かった人々が利用した港です。また、第2次世界大戦中、在リトアニア・カウナスの杉原千畝領事が発行した「命のビザ」を持ってウラジオストク経由で日本に逃れてきたユダヤ人達が上陸したのも敦賀港でした。当時の様々な資料を所蔵している「人道の港 敦賀ムゼウム」訪問、ゆかりの地訪問、また地元の郷土史研究会の皆さんとの交流という2日間のプログラムを組んでみました。全行程参加するもよし、1日参加もOK、また滞在を延期して福井観光としていただいても構いません。
会員の皆様はもちろん、ご家族やお知り合いなど、企画にご関心のある方の参加を歓迎いたします!

開催日: 2017年4月8日(土)~4月9日(日) 一泊二日
主要訪問地: 「人道の港 敦賀ムゼウム」、旧敦賀港駅舎など。

基本的に現地集合・現地解散、現地までの移動及び宿泊は個人でお手配いただきます。ご自身で難しい方は事務局にご相談ください。
滞在中の市内見学、入場料及び史跡訪問時の移動費(タクシー代など)各自負担です。
現地受入の関係もあり、申し込み締め切りを3月25日(土)とさせていただきます。参加希望の方は、事務局までお申し込みください。なお、参加人数によってはプログラム内容が若干変更することがあります。

詳細別紙ご参照ください。

トラックバック (0件) コメント (0件) コメントの投稿
印刷用ページ

2017年沿海地方子ども科学体験会議「しゃくなげの日」

「しゃくなげの日」のイベントへ、7歳から14歳の日本の子どもたちに是非ご参加いただきたく、お知らせします。
イベントの目的は、環境植物の知識を広め、地球上の植物界のより効果的な保護と再生、自然に対する認識、自然の様々な形態に対する知識を学ぶことです。テーマに沿ったビデオプレゼン作品や絵をお寄せください。

  • 2017年のテーマ:「海辺の植物」
    海岸で見かける植物を描いてください。植物の外見だけではなく、育っている環境にも注目しましょう。海辺の強い風、砂地や岩などの土地、海水の飛沫や霧にどのように植物が順応しているかなどです。
  • 対象年齢:7歳から14歳まで。
  • 締切:2017年3月1日までにウラジオストクの植物園(ロシア科学アカデミー極東支部植物園研究所)までお送りください。
    対象外の年齢の子供たちからの作品も展示いたしますが、コンクール対象にはなりません。
  • ビデオ作品は CD や DVD で上記住所にお送りいただくか、メールでもお送りいただけます。
  • イベント(コンクール)は2017年5月12日、10時から植物園で開催予定です。
  • 送付先
    Botanical Garden-Institute FEB RAS
    Kab.33, Dom 142, Makovskogo St., Vladivostok, Primorskii Krai, 690024 RUSSIA
    Tel. +7-914-792-64-19 Ms.Albina A. Brizhataya
    E-mail: ecocenter@botsad.ru

詳細(ロシア語)は下記でご覧いただけます。
Конференция "День Рододендрона"

ご質問、お問い合わせは、Ms.Albina Aleksandrovna Brizhataya まで。
携帯:+7 924 131 7982, aladinrus@gmail.com

続きを読む

トラックバック (0件) コメント (0件) コメントの投稿
印刷用ページ

「夢を翼に乗せて」コンサート Vol.1

「夢を翼に乗せて」コンサート Vol.1
~バイコヌール宇宙基地ソユーズロケット打ち上げ~

日本人宇宙飛行士大西卓哉さんが、2016年7月7日(七夕)に、バイコヌール宇宙基地から、ロシアソユーズ船で打ち上げられました。大西宇宙飛行士は、日本人として6人目のソユーズ宇宙船フライトエンジニアで、10月末までの間、国際宇宙ステーション(ISS)で長期滞在予定です。

この度、打ち上げを生で見る機会に恵まれました。コンサートでは、実際の打ち上げの様子をリアルな映像でご覧いただきます。ソユーズ宇宙船が、格納庫から列車で運ばれ、発射台にジャッキアップされる様子など、今回でなければ見られない貴重な映像もご覧いただきます。 ロケット打ち上げとコンサート。一見関係がなさそうなこの二つ。実はロシアではたくさんの共通点があります。

星の街宇宙飛行士訓練センターの様子や人間らしい逸話など、実際に宇宙飛行士の訓練を受けた菊地涼子さんをゲストにお迎えし、リアルなお話を伺います。 目と耳と心で感じる「宇宙と音楽」。ぜひ!ご体験ください。ご来場を心よりお待ちしております。

<出演>

  • 平岡貴子(ソプラノ)、ワレンチナ・パンチエンコ(メゾソプラノ)、アレクセイ・トカレフ(トランペット)、ユリヤ・レヴ(ピアノ)
  • ゲスト:菊地涼子(元TBS宇宙特派員)

<曲目>

  • デンマーク王子の行進曲
  • 主よ、人の望みよ喜びよ
  • 翼をください
  • 夜鳴きうぐいす 他
  • 前売: 一般 4.000 ペア 7.000円 (限定70名)
  • 主催:「メディカル&アートLab 表参道」03-6320-3820 herald@jd5.so-net.ne.jp

パンフレット(pdf)は 紀尾井サロンホール 11 月イベントカレンダー にあります。

 

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

トラックバック (0件) コメント (0件) コメントの投稿
印刷用ページ

懇談サロン日本との文化交流の課題

懇談サロンのご案内です。

今回は、皆様ご存知のウラジオストク日本センターのオリガ・スマローコヴァさんをお招きします。オリガさんは日本センター職員として日本センター設立以来20年にわたり日本とロシア沿海地方との文化交流を支援しています。今後、日本とロシア沿海地方の間でどのような文化交流が求められているのか、オリガさんの体験や提案などを伺いつつ、日本・ウラジオストク協会として何ができるか、食事も交えつつ、ざっくばらんに話し合う機会になればと思っております。ロシア沿海地方、ウラジオストクとの文化交流に関心のある皆様の積極的な参加を期待しております!

会場の都合上、参加される方は必ず 前日までに事務局までお申込みください。ウラジオストクやテーマに関心のある方、会員でない方のご参加も大歓迎です。お誘いあわせの上、ご参加ください。

☆日ウ協会懇談サロン☆

  • テーマ: "日本との文化交流の課題" お食事を交えつつ
  • 講師: オリガ・マローコヴァ(ウラジオストク日本センター職員)
  • 日時: 2016 年 10 月 12 日(水) 17:30 ~20:00
  • 会場: 三菱巣鴨スポーツセンター内 レストラン パルテール(2階)
  • アクセス: JR巣鴨駅南口徒歩約 3 分
  • 会費(飲食代): 3,000円程度(終了時に清算させて頂きます)

 

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

コメント (0件)
印刷用ページ

懇談サロン書家の立場から「かな文字とその周辺」

6月の懇談サロンのご案内です。

今回は、当会の理事、鎌田悠紀子先生に、書家の立場から「かな文字とその周辺」をテーマにお話いただきます。

日本人顔負けの日本文化に精通したロシア人に遭遇して、気まずい思いをされた方も少なくないと思います。他国の文化を知る上でも、日本人として特に「ひらがなの成立」は大切な知識です。クール・ジャパンの粋ともいえる日本の誇れる書道文化をより深く知ることにより、日本人らしさを再確認しましょう! 是非、普段お使いになっている筆記用具(万年筆、ボールペン、鉛筆等)をご持参ください。

会場の都合上、参加される方は必ず 前日までに事務局までお申込みください。ウラジオストクやテーマに関心のある方、会員でない方のご参加も大歓迎です。お誘いあわせの上、ご参加ください。

☆日ウ協会懇談サロン☆

  • テーマ: “かな文字” とその周辺
  • 講師:鎌田 悠紀子
  • 理事(産経国際書会常務理事、国際芸術文化交流協会会長)
  • 日時: 2016 年 6 月 12 日(日) 15:00 ~17:00
  • 会場:「銀座ルノアール」 マイスペース巣鴨駅前店 会議室2号室
  • アクセス:JR巣鴨駅南口徒歩0分 ロータリー左手パチンコ店の2F(宮田ビル2F)
  • 会費:(珈琲付) 会員1,000円 / 非会員1,200円

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

トラックバック (0件) コメント (0件) コメントの投稿
印刷用ページ

日本・ウラジオストク協会懇談サロン「ひとつの戦後史」

「日本・ウラジオストク協会」は 2007 年、ロシア沿海地方ウラジオストクとの交流の輪を広げるために設立された民間団体で、会員を中心とした懇談サロンを定期的に開催しております。ロシア料理を楽しむ会から、近年のロシア情勢及び日露関係の講演会など、テーマは様々です。
近年、シリア等中近東地域での騒乱に伴う難民の話がマスコミを賑わせていますが、過去には日本でも難民にも相当するご苦労を経験された方々が多数おられます。
今回は、当会の会員でもある菊池重代さんに、「ひとつの戦後史」をテーマにご自身の体験を語っていただきます。菊池さんはハルビンで終戦を迎え、ただちに帰国できないなか、白系ロシア人経営の洋服店で洋裁技術を習得、独学でロシア語会話を習得されました。菊池さんには以前もサロンで語っていただきましたが、今回はもう少し歴史的背景も加えつつ、歴史の教科書には出てこない貴重な体験を皆さんと共有できればと思っています。
ウラジオストクに関心のある方、会員でない方のご参加も大歓迎です。お誘いあわせの上、ご参加ください。
尚、会場の都合上、参加される方は必ず 前日までに事務局までお申込みください。

☆日ウ協会懇談サロン☆

  • テーマ:「ひとつの戦後史」
  • お話: 菊池 重代 (日本・ウラジオストク協会会員)
  • 日時: 2016 年 4月 10 日(日)15 時 00 分から 17 時 30 分まで
  • 会場: 「銀座ルノアール」マイスペース巣鴨駅前店 会議室 2 号室
  • アクセス: JR 巣鴨駅南口徒歩0分 ロータリー左手パチンコ店の 2F (宮田ビル 2F)
  • 会費: (珈琲付) 会員1,000円/非会員1,200円


サロン終了後、別会場にて懇親会を予定しております。(懇親会費用は別になります)
お申込み・お問い合わせ 日本・ウラジオストク協会

 

 

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

印刷用ページ

カムチャツカの日本人商店について・日本ウラジオストク協会理事 堀江満智

カムチャツカというと一般に連想されるのは、雄大な自然や温泉、江戸時代に日本人漂流民が流れ着いた岬、漁業活動などかもしれないが、20世紀初頭にはペトロパブロフスク・カムチャツキーでも日本人の商店や交易など、ウラジオストクに始まる一連の極東ロシアとの近代的交流の一端があったのだ。
2015年9月にここを訪れる機会を得た私は、家族の足跡とともにそういう背景も知りたいと思った。私の家に1921年頃の「堀江商店ペトロパブスク出張所」の写真が遺されていて、「正面玄関に緒方領事、菊地商店主、堤出張員、ラザレフが立ち居り」との説明があり、ロシア的な木造家屋に雑貨販売という看板や後方に小さな教会も見える。

私の父、堀江正三(1898-1965)は東京外語ロシア語科を1919年に卒業すると、ウラジオストクで祖父がやっていた 堀江商店(食品製造、貿易)に戻ったが、自分で新天地を開拓すべくカムチャツカへ渡った。子供の頃からウラジオで暮らしロシアの文化や国民性も周知してい た正三は、商売だけでなく文化交流も夢みた。1918年には日本領事館ができ緒方領事が赴任していた。
しかし革命に続く「シベリア出兵」のさ中の厳しい情勢で長くは続かず、1922年にやむなく日本へ引き揚げた。他のもっと大きな商店も同様であった。

写真左: 堀江商店出張所の後方の教会(現在)
写真右: 堀江商店出張所の後方の教会(100年前!)

続きを読む

印刷用ページ

「日本・ウラジオストク協会」 2015 年度年次総会

「日本・ウラジオストク協会」 2015 年度年次総会

日頃より当会の活動へのご理解、ご協力に感謝いたします。
2016 年 3 月 19 日(土)に当会の年次総会を開催致します。

来たる 2016 年度は当会設立 10 周年となります。万障お繰り合わせの上、ご出席くださるようお願い申し上げます。

「日本・ウラジオストク協会」 2015 年度年次総会

  • 日時: 2016 年 3 月 19 日(土) 15 時 30分より
  • 会場: 貸会議室プラザ八重洲北口 カフェ・ルノアール「ニュー八重洲北口店」 3 階の 4 号会議室
  • 議題:
    • 15 年度活動及び決算報告
    • 16 年度活動計画及び予算案について
    • 支部及び会員報告
    • その他

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

 

トラックバック (0件) コメント (0件) コメントの投稿
最初 | 前へ | 1 2 3 4 | 次へ | 最後

オンラインユーザー

ゲストユーザー: 1

新着情報

記事

-

コメント 新着(2日)

-

リンク 新着(2週)

新しいリンクはありません

ダウンロード 新着(2週)

-

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。