印刷用ページ

我にナジェージダ(希望)あり―石巻若宮丸漂流物語

協会会員の大島さん(2月に入会、世界のサーカスを日本に読んでいるプロモーター)がご出身地、石巻の実話に基づく小説を出版されました。2017/6~7月には大島さん講師になってもらって懇談サロンを開催したいと思ってます。

大島さんの Web サイトより:

「石巻日日新聞」で2012年4月2日から翌年8月30日まで連載した小説『我にナジェージダ(希望)あり』を冊子にしました。1793年に石巻から江戸へ向かった廻船若宮丸の乗組16人は嵐に遭い、約半年の漂流後に極北のアリューシャン列島に上陸。ロシア人に助けられてシベリアを横断し、世界を一周して故郷に帰るまでの12年間の苦難に満ちた実話に基づいた小説です。
 

コメント (0件)
印刷用ページ

С Новым годом

新年明けましておめでとうございます!
ウラジオの現代美術ギャラリー「アルトエターシ」が市内に新たにオープンしました。元市役所の文化局が入っていた建物です。
ガロードヌイ館長から新年カードが届きました。

事務局

新年のお祝い

コメント (0件)
印刷用ページ

アジア・インサイト/ロシア芸術に沸いた街 ウラジオストク

ユーコムの西野肇さまより、
今年の 7月、8月にウラジオストクで取材したテレビ番組「アジアインサイト」をご案内いたします。

NHK World(英語)

インターネット(なんと無料!)でご覧になれます。ただしすぐ消えます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/asiainsight/20160930/

NHK BS1(日本語)

アジア・インサイト ロシア芸術に沸いた街 ウラジオストク
放送日時: 2016/10/3 (月) 14:00-14:28
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ja/world/program/

NHK BS1(日本語)

アジア・インサイト 人口流失は防げるか~ロシア極東~
放送日時:  2016/10/17(月) 14:00-14:28
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ja/world/program/

コメント (0件)
印刷用ページ

神楽坂の藝術座、藝術座の神楽坂

今年2016年の芸術座創立100年委員会は、芸術座がホームグラウンドと定めた「神楽坂」の地に注目します。つけましたタイトルが、その名も、『神楽坂の藝術座、藝術座の神楽坂。』というものです!

  • 日時:10月1日(土)午後1時30分開演 ※受付開始(会場)は午後1時です
  • 会場:牛込箪笥区民ホール 2階 大ホール
  • 料金:2,000円
  • 終演は、4:00pmほどを見込んでおります

<第1部>シンポジウム 60分ほど

  • パネリスト:相沢直樹(山形大学教授)、岩町功(島村抱月研究家)、木村敦夫(東京芸大講師)、谷口典子(新宿郷土史研究家)、南平かおり(早稲田大学講師)
  • タイトル:「芸術倶楽部〔くらぶ〕とは?」

    芸術座がホームグラウンドと定めた神楽坂に建てた劇場が「藝術倶楽部」でした。「芸術倶楽部」は、芸術座の稽古場でもあり、抱月&須磨子の住まいでもあり、また、他の劇団に破格の低料金で劇場として貸し出しもしました。
    抱月がその「芸術倶楽部」をなぜ神楽坂に建てたのか、「芸術倶楽部」をめぐる人士の活躍はどんなものだったのか、芸術座には抱月以外にどのような人士がいたのかなどについて、パネリストたちが熱く論じ合います。
    ご期待下さい!

<第2部>ミニ・ライブ「大正時代を歌う!」 60分ほど

  • 祥子(ボーカル)、マーク・イースト(ギター)、芳晴(二胡)

編成を見ればお分かりのように、ユニークなバックバンドを従えて歌姫・祥子が、お馴染み『カチューシャの唄』や『ゴンドラの唄』を初めとした大正時代~昭和初期の歌謡を歌います。祥子とバックバンドの面々は、大正時代の装いにて舞台に上り演奏します!乞うご期待 !

なお、今回の10/01event(シンポジウム+ミニライブ)については、フェイスブックでもご案内申し上げております
チケットは、まだ、多少余裕がございます。ぜひお出でくださいませ!楽しいことこの上ありません!お待ち申しております。

お問い合わせ、お申し込みは 070-4386-0417(芸術座創立100年委員会)までお願い申し上げます!
もしくは、木村あつお atsuo.kimura@nifty.com a.k.spasibo@docomo.ne.jp

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

続きを読む

コメント (0件)
印刷用ページ

かわいいお土産屋が OPEN

若者にうけそうな、かわいいお土産屋が OPEN しました。
入り口の張り紙「お土産ウラジオストクを提示」なんとも言えない日本語がまた嬉しいです
フォーキナ提督通り10a
尚、ネタ提供元は当会法人会員JATMさん。
同ネタは、フェイスブック「ようこそ!ロシア」でも見ることが出来ます。



コメント (0件)
印刷用ページ

映画 『英国の少年兵』、講演 井上卓弥氏「中東混迷“元凶”としてのイラク戦争」

来る 2016 年 5 月 27 日「第一次世界大戦100年展2018」実行委員会が主催する映画上映会と講演が、三軒茶屋キャロットタワーで開催されます。
興味のある方はぜひどうぞ。

2016 年 5 月 27日(金)
映画「英国の少年兵」18:30~19:30
講演「中東混迷“元凶”としてのイラク戦争」井上卓弥氏 19:45~21:20
三軒茶屋キャロットタワー


参加費:
大人¥2000 学生¥1000

第一次世界大戦100年展2018ウェブサイト

 

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

コメント (0件)
印刷用ページ

戦前のウラジオストク総領事

廣瀬日本ウラジオストク協会名誉会長より杉原千畝の発給したヴィザを携行したユダヤ難民を敦賀行きの日本船舶への乗船を助けた根井三郎元ウラジオストク領事代理に関する新聞記事(3月14日付宮崎日日新聞)の提供が有りました。どなたか根井領事代理に関連する情報をお持ちの方がおりましたら事務局宛てにご連絡下さい。

根井三郎氏の写真発見 杉原千畝氏と命のバトン より引用:

第2次大戦中のソ連(現ロシア)・ウラジオストクの総領事代理として、ナチス・ドイツの迫害から救う「命のビザ(査証)」を認め、ユダヤ人を日本へ渡航さ せた旧広瀬村(現宮崎市佐土原町)出身の外交官、故・根井三郎氏(1902~92年)の写真が、同町の親族宅に保管されていることが分かった。人道的立場 からビザを発給した外交官の故・杉原千畝(ちうね)氏(1900~86年)と“命のバトン”をつないだ関係にある。根井氏については国内外で顕彰の動きが 高まっているが、資料がほとんどなく、研究者は史実の解明に期待を寄せる。

印刷用ページ

シベリア抑留映画の東京初上映のご案内 *要事前申し込み*

シベリア抑留インタビュー記録映画を制作しておりますいしとび・たまです。明日から師走とご多忙のところ失礼します。

今秋舞鶴の舞鶴引揚記念館所蔵品がユネスコ記憶遺産として登録決定しました。
そのシベリア抑留体験者の方達のインタビュー記録映画「帰還証言:ラーゲリから帰ったオールドボーイたち」で、本年制作の「その2 後編(シベリア抑留編)」が、下記のとおり東京で始めて上映される運びなりましたのでご案内
いたします。(本作はDVD販売はしておりません。映画上映にご来場下さいませ。)

  • 2015年12月13日(日)午後2時~ 東京ロシア語学院2階
  • 会費: (懇親会費含む)1,000円 *要事前申し込み*
  • 連絡先: 日本ユーラシア協会 (電話:03-3429-8231)
  • 主催: 抑留映画上映実行委員

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

コメント (0件)
印刷用ページ

演劇 Мандат(委任状)

日本ではもちろん、ロシアでもなかなか舞台にかからない秀作戯曲です。
関心のある方は是非どうぞ。
『Мандат(委任状)』

  • 原作 N・エルドマン
  • 日時:2015年12月5日(土)/6日(日)
    • 5日 13:15開場/13:30開演
    • 6日 17:15開場/17:30開演
  • 場所:上智大学10号館講堂 上智大学ロシア語劇団

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

トラックバック (0件) コメント (0件)
印刷用ページ

新しいお土産屋さんがオープン橋藝術商店

ウラジオでお土産屋さんの少なさに困ったことはありませんか?
とりわけ大型客船が入ると、町中に外国人観光客が溢れ、お土産屋さんが一気に品薄になるという、観光地(だったのか?)に有るまじき状況になりますね。
そんななか、町の中心地にある美術家同盟の建物のなかに新しいお土産屋さんがオープンしました。美術家同盟のお店なので、地元の画家の絵はもちろん、マンモス細工なども販売しています。場所はアレウツカヤ通り14a(クリックしてみてください)、沿海地方美術館(Kartinnaya galery)の隣です。店の名は Art Salon Most、アジア人にも分かるようにとのことなのか「橋藝術商店」の看板が出ていますが、決して怪しい店ではありません(笑)どうぞ覗いてみてください。

2015 年 8 月末にいってみましたが、建物を一周しても当該お土産屋さんはみつからず、ただ、興味がわかない名前だったので忘れましが漢字の看板は確認できました。内容を金持ち相手に変更したようです(山本)。

ちなみに既知のお勧めお土産屋さんというと以下でしょうか。

  • レストラン「ノスタルジー」
  • 鷹の巣展望台のお土産屋さん→マトリョーシカ風船(?)が目印、日本語が少し通じる。
  • グム内のお土産屋さん→販売員が一人なので混むときは混む!
  • ПК (消火栓ではありませんw 沿海州製菓 Приморский Кондитер)直営店超おすすめです(山本)。

コメント (0件)
最初 | 前へ | 1 2 | 次へ | 最後

オンラインユーザー

ゲストユーザー: 1

新着情報

記事

-

コメント 新着(2日)

-

リンク 新着(2週)

新しいリンクはありません

ダウンロード 新着(2週)

-

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。