印刷用ページ

日本・ウラジオストク協会(Japan-Vladivostok Association)

日本・ウラジオストク協会は、日本各地の会員と沿海地方及びウラジオストク市を結び、文化・芸術・経済交流に関する情報の窓口となって交流事業を行うことを目的として、2007年に設立された民間任意団体です。1998年にスタートしたウラジオストクで2年に一度開催される国際ビジュアルアートフェスティバル「ウラジオストク・ビエンナーレ」を日本で取りまとめてきた実行委員会が母体となっています。

ウラジオストクは、アジア・環太平洋地域、ユーラシアのさまざまな交流の発信基地、共存共栄、相互理解の「仲介者」として、東と西、アジアとヨーロッパの交差路として今日熱い注目を集めています。日本人にとっても、明治以来のロシア文化の窓口として、ヨーロッパへの玄関口として古くから親しまれてきました。近年では、ウラジオストク市内やルースキー島の開発も進み、ますます極東への注目が集まっています。

ウラジオストクに住んでいた方、一度訪れてファンになってしまった方、そんな方々の経験を共有し、様々な分野での交流をひとつの核として、沿海地方、ウラジオストク市との交流の輪を広げる活動をしております。何故か日本人にとって気になる街、ウラジオストクを私たちと一緒に応援していきませんか?

こちらより入会案内を(pdf)ダウンロードできます

お問い合わせはこちらから

続きを読む

印刷用ページ

虎の門経営企画交流会に田代さんが登壇します

4 月から理事に加わった山本です。
10 年来のつきあいのある元 NEC 総研社長の阿片(あがた)さん主催の異業種交流会での講演を田代さんにお願いしましたのでいらしてください。予告なしでこられてもかまいません。


虎の門交流会は、いろいろな分野で活躍しておられる方に、体験をベースにした見方・考え方を話して頂いて、我々自身がこれからどのように考え行動して行けばいいのかを模索して行こうという集まりです。

4 月は日本ウラジオストク協会の田代紀子さんに、日ロの文化交流などについてお話をして頂くことにしました。添乗員としてたびたびロシアに行っておられるので日常の生活・考え方などもお話しいただけます。

日時: 2017 年 4月21日(金)18.30~20.30
    (終了後近くで懇親会をやります。お時間のある方は是非ご参加ください。)
スピーカー: 日本ウラジオストク協会 田代紀子さん
テーマ:“極東ロシア中心に日本とロシアの関係・最近の情勢”
主催: 虎の門経営企画株式会社 代表 阿片公夫
会費: 2000 円 参加定員 20 名
会場: アゴラ・オフィス 〒107-0052 港区赤坂 6-19-40 赤坂レジデンス 302

地下鉄日比谷線・大江戸線7番出口から階段を上がって左方向 400 メートル桧町公園に面した白いマンション3階です。
連絡先 090-3097-0445 阿片携帯

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

印刷用ページ

ビクトリア・ストゥリーナさん絵画展示会

関西日露交流研究センター会員の岩佐毅さんが主催する絵画展示会(ウラジオストク出身、神戸在住の女流画家、Viktoria Suturina)が 2017/4/12 - 5/8 大阪で開催されます。詳細は、パンフレット画像を参照願います。
大阪にお出かけの際は是非お立ち寄りください。

会場: cafe & dining maria 大阪市福島区吉野 2 丁目 14-16(新橋商店街)
営業時間: 7:00-18:00 火曜定休

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

コメント (0件)
印刷用ページ

極東ロシアの経済と日本(雑感)1 - 2016年の極東ロシア経済

日本ウラジオストク協会 浅井 利春

記事一覧

2016年9月に一年ぶりにウラジオストクに行ってきました。
ロシア経済の低迷が言われて長いので心配しながら行ったのですが、町を歩いている人の表情はほとんど変わらないし、レストランでもみな以前と同じようにお酒を飲んで食事しているし、どこに不安があるのだという感じでした。ただ違うのは、スーパーマーケットに行ったら、海外の輸入品がほとんどなくなっていた。私がウラジオストクにいたころは、スーパーマーケットの商品の7割ぐらいは外国製品でした。そのうち半分は日本製品で、あとアジアやヨーロッパから入ってきた商品だったのですが、それがほとんどなくなっていました。

続きを読む

コメント (0件)
印刷用ページ

С Новым годом

新年明けましておめでとうございます!
ウラジオの現代美術ギャラリー「アルトエターシ」が市内に新たにオープンしました。元市役所の文化局が入っていた建物です。
ガロードヌイ館長から新年カードが届きました。

事務局

新年のお祝い

コメント (0件)
印刷用ページ

2017年沿海地方子ども科学体験会議「しゃくなげの日」

「しゃくなげの日」のイベントへ、7歳から14歳の日本の子どもたちに是非ご参加いただきたく、お知らせします。
イベントの目的は、環境植物の知識を広め、地球上の植物界のより効果的な保護と再生、自然に対する認識、自然の様々な形態に対する知識を学ぶことです。テーマに沿ったビデオプレゼン作品や絵をお寄せください。

  • 2017年のテーマ:「海辺の植物」
    海岸で見かける植物を描いてください。植物の外見だけではなく、育っている環境にも注目しましょう。海辺の強い風、砂地や岩などの土地、海水の飛沫や霧にどのように植物が順応しているかなどです。
  • 対象年齢:7歳から14歳まで。
  • 締切:2017年3月1日までにウラジオストクの植物園(ロシア科学アカデミー極東支部植物園研究所)までお送りください。
    対象外の年齢の子供たちからの作品も展示いたしますが、コンクール対象にはなりません。
  • ビデオ作品は CD や DVD で上記住所にお送りいただくか、メールでもお送りいただけます。
  • イベント(コンクール)は2017年5月12日、10時から植物園で開催予定です。
  • 送付先
    Botanical Garden-Institute FEB RAS
    Kab.33, Dom 142, Makovskogo St., Vladivostok, Primorskii Krai, 690024 RUSSIA
    Tel. +7-914-792-64-19 Ms.Albina A. Brizhataya
    E-mail: ecocenter@botsad.ru

詳細(ロシア語)は下記でご覧いただけます。
Конференция "День Рододендрона"

ご質問、お問い合わせは、Ms.Albina Aleksandrovna Brizhataya まで。
携帯:+7 924 131 7982, aladinrus@gmail.com

続きを読む

トラックバック (0件) コメント (0件) コメントの投稿
印刷用ページ

アジア・インサイト/ロシア芸術に沸いた街 ウラジオストク

ユーコムの西野肇さまより、
今年の 7月、8月にウラジオストクで取材したテレビ番組「アジアインサイト」をご案内いたします。

NHK World(英語)

インターネット(なんと無料!)でご覧になれます。ただしすぐ消えます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/asiainsight/20160930/

NHK BS1(日本語)

アジア・インサイト ロシア芸術に沸いた街 ウラジオストク
放送日時: 2016/10/3 (月) 14:00-14:28
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ja/world/program/

NHK BS1(日本語)

アジア・インサイト 人口流失は防げるか~ロシア極東~
放送日時:  2016/10/17(月) 14:00-14:28
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ja/world/program/

コメント (0件)
印刷用ページ

かわいいお土産屋が OPEN

若者にうけそうな、かわいいお土産屋が OPEN しました。
入り口の張り紙「お土産ウラジオストクを提示」なんとも言えない日本語がまた嬉しいです
フォーキナ提督通り10a
尚、ネタ提供元は当会法人会員JATMさん。
同ネタは、フェイスブック「ようこそ!ロシア」でも見ることが出来ます。



コメント (0件)
印刷用ページ

戦前のウラジオストク総領事

廣瀬日本ウラジオストク協会名誉会長より杉原千畝の発給したヴィザを携行したユダヤ難民を敦賀行きの日本船舶への乗船を助けた根井三郎元ウラジオストク領事代理に関する新聞記事(3月14日付宮崎日日新聞)の提供が有りました。どなたか根井領事代理に関連する情報をお持ちの方がおりましたら事務局宛てにご連絡下さい。

根井三郎氏の写真発見 杉原千畝氏と命のバトン より引用:

第2次大戦中のソ連(現ロシア)・ウラジオストクの総領事代理として、ナチス・ドイツの迫害から救う「命のビザ(査証)」を認め、ユダヤ人を日本へ渡航さ せた旧広瀬村(現宮崎市佐土原町)出身の外交官、故・根井三郎氏(1902~92年)の写真が、同町の親族宅に保管されていることが分かった。人道的立場 からビザを発給した外交官の故・杉原千畝(ちうね)氏(1900~86年)と“命のバトン”をつないだ関係にある。根井氏については国内外で顕彰の動きが 高まっているが、資料がほとんどなく、研究者は史実の解明に期待を寄せる。

印刷用ページ

(開催報告)日ウ協会懇談サロン「中東の危機とトルコ、ロシア」

日ウ協会懇談サロン「中東の危機とトルコ、ロシア」 レジュメ

日本ウラジオストク協会・名誉会長/理事 廣瀬 徹也

オスマン帝国の興亡

  1. 多民族イスラーム帝国
    • 三大陸にまたがるオスマン帝国(1299-1922)はスンナ派世界の覇者(16世紀ころよりスルタンはカリフも兼ねたとされる)として君臨。多民族・多宗教共存の体制、キリスト教徒・ユダヤ教徒は「啓典の民」として、教会を中心に自治も許された。
    • 18世紀アラビア半島で初期イスラームに戻れとするワッハーブ派が誕生。→今日のイスラーム主義のなかでも厳格なサラフィー主義につながる。
    • 18世紀以降欧州との力関係は逆転し第一次世界大戦敗戦後帝国は崩壊。
       
  2. 英仏の帝国主義的野望が現在の中東混乱の源
    • 第一次大戦中の英国の三枚舌外交と戦後の英仏によるオスマン帝国領勢力圏分割(「サイクス・ピコ」体制)で、パレスチナ問題が発生、民族・宗派分布を無視した人造国家イラク、シリア、レバノンが成立、クルド人が四か国に分断されるなど現代の中東混迷の種がまかれた。
    • アナトリアではムスタファ・ケマル(アタテュルク)は民衆を結集して国民国家「トルコ共和国」を建国、徹底した脱イスラーム・西洋化によって近代化をはかった。「世俗主義」(徹底した政教分離)を絶対の国是とし、「トルコ・ナショナリズム」を国民統合のイデオロギーとした。→第二次大戦後、議会制民主主義が定着、中東随一の安定勢力 「トルコ・モデル」?
    • クルド問題が内政上最大の課題

続きは地図の下のリンクより。

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

続きを読む

最初 | 前へ | 1 2 | 次へ | 最後

オンラインユーザー

ゲストユーザー: 1

新着情報

記事

-

コメント 新着(2日)

-

リンク 新着(2週)

新しいリンクはありません

ダウンロード 新着(2週)

-

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。